いづ藤のよみものbook

ハロウィンと発酵食品

[発酵のお話]

ハッピーハロウィン♬

本日は10月31日。
今やハロウィンは、日本でもメジャーなイベントとして定着しましたね。

実は今年、大阪のホテルにて、発酵食品をテーマとしたビッフェイベントが開催されました。

チーズなどの発酵食品ではなく、味噌や酒粕、醤油など、日本の発酵食品を使った斬新なお菓子の数々。

本日はその一部をご紹介したいと思います。

 

★醤油のクリームブリュレ

★酒粕のパウンドケーキ

★発酵バターサブレ

★味噌フィナンシェ

★七味醤油の生チョコ

★ミニボトルに入った5種類の発酵野菜

★味噌ミニバーガー

★塩麹のおばけおでん

などなど。

写真でご紹介出来ないのが残念ですが、メニューの一覧を見ただけでもナルホド!と思うものばかり。

醤油は和のイメージが強い食品ですが、クリームブリュレや生チョコなどに使うとは斬新。
意外な組み合わせに見えますが、実は醤油の塩分や旨味成分が甘さに深みをプラスし、美味しくなるのだそう。

そういえば、いづ藤のお漬物はチョコレートと実ば相性が良いというのはご存じでしょうか?
ワインなどと一緒に食せば、オシャレな大人のおつまみに♡

いづ藤のお漬物は色がアメ色なので、チョコレート並べても素敵です♡

酒粕などは、もともと蒸しパンなどにも使われたりするので、ケーキなどにはピッタリ♬

発酵バターなども、様々なお菓子に応用が出来そうです。

 

こうやって見ると、発酵食品のこれからに大きな可能性を感じますよね。

今回ご紹介したメニューを参考に、美味しいハロウィンを楽しんでください♬

最新の記事